本文へスキップ

応援します!あなたの職場の福利厚生、ほっと倉敷。


倉敷市勤労者福祉サービスセンター
TEL.086-434-8770
FAX.086-421-0013
電話対応時間.9:00〜17:00

事業内容project

助成事業

余暇活動(宿泊助成)
自己啓発事業(鑑賞助成)
通信講座(NHK学園生涯学習通信講座・産業能率大学通信講座・パソコン講座)
健康維持増進事業(人間ドック)

余暇活動

国内外のホテル、旅館、ペンション、民宿等、宿泊サービスを提供する施設を利用する場合、宿泊費用
の一部を助成します。ただし、海外旅行の場合はガイドブックにあります当サービスセンターが契約している
旅行代理店に限り助成券を発行します。(又、センター斡旋によるツアー助成との併用は出来ません。)

宿泊助成


助成対象者     会員本人のみ

助成の内容

区 分 助 成 額 備 考
会員本人 4,000円 年度内1回(4月〜3月)(1申請)

宿泊費用が4,000円に満たない場合は、宿泊費用が助成額となります。
 1部屋を多人数で使用した場合、一人当たりの宿泊費用が対象です。


利用方法

次のいずれかによります。
(1)指定旅行代理店を窓口として利用する場合

(1)サービスセンターヘ
「宿泊施設利用助成券交付申請書」により申請してください。
   ・「宿泊施設利用助成券」を発行します。 ガイドブック記入例11参照
(2)旅行代理店で宿泊代金を支払の際、「宿泊施設利用助成券」を提出してください。
   ・旅行代理店から助成券に記載の額面が割引になります。

(2)宿泊施設へ直接予約した場合(国内に限る)

(1)個人で宿泊施設利用の場合
  申請人の姓名(フルネーム)が正しく記載されている旅館、ホテルの領収書の原本
(コピーは不可)
「宿泊施設利用助成金交付申請書」に添付してください。
  *領収書は、宿泊及び一人当たりの宿泊料金が判読できるものに限ります。

(2)家族、グループで利用の場合
  請求代表者の
姓名(フルネーム)が正しく記載されている領収書の原本の他に
「宿泊施設利用  助成金交付申請書」の施設証明欄に宿泊施設の証明が必要です。
  請求代表者は、事業所代表者でなくても構いません。利用者(会員)の中から
決めてください。

  *領収書は、宿泊及び一人当たりの宿泊料金が判読できるものに限ります。

(3)旅行会社が主催するツアーに参加された場合
  旅行会社が 発行する領収書の原本(コピー不可)と宿泊施設の証明が必要です。
2人以上の場合は参加者名簿の原本(コピー不可)及びツアー行程表を添付して下さい。

  *また旅行会社が発行する領収書には摘要欄に「○○ツアー(一泊二日)何名分」
等の記載があること。

  いずれもクレジットカード又は振込みで精算した場合も上記に準ずる。
   

申請期限     宿泊日から1年。



information

倉敷市勤労者福祉
サービスセンター
(愛称:ほっと倉敷。)

〒710-0822
倉敷市稲荷町5番38号303号室
TEL/086-434-8770
FAX/086-421-0013
Mail/
kurashiki-sc@circus.ocn.ne.jp
休業日/土日・祝日・年末年始
業務時間/9:00〜17:00
  
map

加入状況
(令和元年7月1日現在)
事業所数/ 1,120所
会 員 数 / 7,852人